読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッと一息ミルクティー

日常の疑問とその日のアウトプット

人の家、覗いてみませんか?【漫画紹介】

 

おはようございます。井上です。

 

昨日遅く今日は早く、寝ないように漫画を読んじゃったので、漫画紹介したいと思います。

 

嬉しいことがあった日は、めぐみと一緒にいたいじゃん

 

これは、プロポーズが成功した日に女友達のめぐみに壮太が言った言葉。

 

そんな漫画のタイトルは、

「くらすはこ」ねむようこ

 

f:id:eri-inoue-86:20170204084407j:image

 

これは、ねむようこさんの短編集なんですけどね、この本の特徴は全て家の中の場所がテーマなんです。

宝箱かのように鍵をかける“くらすはこ”

鍵をかけられると覗いてみたくなるスケベ心から、作られた作品なんですって。

人の家を覗くつもりで見ることをオススメしてます。

 

キッチン、玄関、バスルーム、寝室…

 

そのうちの玄関の話。

 

 

 

 

 

男友達の壮太が、毎回愚痴を言いに家にやってくる

 

チャイムが壊れているから、ドアをノックしてくる。

それが、カレー食べてる時も、寝てる時も、映画がクライマックスの時もおかまいなし。

 

だから私は玄関にスタンバイするようになった。

そうして彼がいつ来てもすぐ開けられるように、布団、本棚、テレビ、いつの間にか玄関が私の居場所になっていた。

 

最近の悩み相談は、彼女へのプロポーズ作戦。

今日も彼のために指輪やお店などを一緒に探す。

 

(私が彼を好きと言うことを、彼は知らないずに私に笑う)

 

 

 

 

(完全にめぐみ視点を私の言葉で書いただけです)

 

めぐみは壮太がまた泣きついてくると思って、次は玄関に冷蔵庫を買う。

その冷蔵庫が届いた日、壮太のプロポーズ作戦、大成功の報告を聞いた。

 

 

玄関のものを全て戻した日の夜に、壮太がいつものように家に来た。

その時のセリフが上記。

「嬉しいことがあった日はめぐみと一緒にいたいじゃん」

 

「プロポーズした夜に彼女ほっておいちゃダメじゃん

帰んなよ」

と言うめぐみにこう告げる壮太。

 

壮太は自分の本当の好きな人がわかっていなかったんですよね。

 

この話で、思ったのは、

 

嬉しい時、悲しい時、楽しい時、いろんな感情が自分の中で出た時に、一緒にいたいなって思う人が、自分にとって大事な人

 

なんじゃないかな?と。

 

短編集なので2人がどうなったとかは先はないですけど、ねむさんの作品は面白い。

知らない世界を見せてくれる。

 

すっきりしたり、ほっこりしたり。

こう言う展開か!みたいなもの。

 

個人的には漫画喫茶で良いレベル◎

短編集なので。

ただ、この人の感性とか面白いなと思ったら、いろんな作品出してるので、是非オススメ。

 

 

それでは。